よい業者を見つけるには|コツをつかめば大丈夫!パキラの上手な育て方

綺麗な庭をキープしよう!~優良な剪定業者を選んでいく~

よい業者を見つけるには

剪定

剪定業者の探し方

大切なお庭の草木の剪定には確かな腕を持った剪定業者を選びたいものです。特に樹木の剪定は一歩間違ったお手入れをしてしまうと、見て目に格好が悪いだけでなく、枯れさせてしまうことにもなりかねません。間違いのない剪定業者を探すにはいくつかの方法があります。まずは、一番身近なご近所さんに相談してみましょう。綺麗にお手入れされたお庭のあるお宅では、何年もの間同じ業者に剪定を任せているという例がたくさんあります。剪定作業をするに当たっての方針、技術力やセンスを目で見て確認した上で依頼できるのは、ご近所さんからの紹介ならではのメリットです。もし心当たりのあるお宅がない場合には、折り込みチラシやネットで探すのも良いかもしれません。こちらには、費用や地域などを絞り込んで探せるというメリットあります。どんなに素敵に剪定業者であっても、出せる費用には限界があるという方も多いのではないでしょうか。紹介も含めて詳細が気になるという業者が見つかれば、実際にお庭に来て現場で見積もりしてもらいましょう。時間がかかってもじっくりと選ぶことが大切です。

剪定業者を利用した場合の費用相場

剪定のために必要な費用は業者によって様々です。大きく分けると日当制と単価制の二つになります。まず、日当制では、依頼した剪定が完成するまでの日数で料金が決まります。1日2日で作業が終わりそうな剪定なら、樹木の種類や状態に関係なく料金が決まるこちらのシステムの方が分かりやすく、トラブルにもなりにくいでしょう。単価制では、樹木の種類や高さなどによる1本当たりの料金が設定されています。一般的なお庭に多い3メートル未満の木なら1本3000円、3メートルを超えるような木になると6000円くらいが相場です。生垣の料金は、高さと幅によって決まることが多く、最も依頼の多い高さ2メートル未満の生垣なら1メートル当たり1000円程度となっています。ただし、見積もり時に見つけられなかった重機を使った作業が必要になる場合には、どちらで依頼した場合でも追加で料金が発生することがあります。予算に余裕がないときには、かけられる費用の上限を事前にしっかりと伝えておきましょう。

失敗しない!剪定業者の比較ポイント

確かな技術力があること!

この業者に依頼して良かったと思える最も重要なポイントが、この技術力ではないでしょうか。各業者ごとに複数の施工例を比較してみると、それぞれの業者の特徴が分かります。また、造園技能士や造園施工管理技士などの有資格者がいれば、なお安心です。

詳細まで見積もりが分かりやすいこと!

剪定業者を選ぶときに外せないのが、現場で取ってもらった見積もりの比較です。簡単でスピーディーな見積もりをアピールしている業者の中には、かかる費用に幅を持たせている場合もあります。見た目には分かりやすくても、実際とはかけ離れていることもあるため、疑問に感じる項目があれば、しっかりと詳細の確認をしておきましょう。

少しの作業でも頼みやすいこと!

どんなことでも気軽に相談できる剪定業者には、社内でのコミュニケーションがきちんと取れている業者が多いです。熟練の庭師さんには言いににくいことも、営業スタッフを通してお願いができる環境が整っていれば、ちょっとした作業も安心してお任せできます。

広告募集中